トップページ > 中山競馬場 > 中山競馬場グルメ特集

中山競馬場グルメ特集

中山競馬場,グルメ

中山競馬場にはたくさんの食事処があります。

入居テナントをざくっと紹介しますと、JRAの競馬場でお馴染みのtwo-days、ビール三兄弟プラスワン(キリン、アサヒ、サッポロ、サントリー)、吉野家グループ(吉野家、京樽)、モスバーガー、築地銀だこ、東京競馬場にもある梅屋、などなどお馴染みの店舗がズラリと揃っています。

中山にしかない食べ物は発見できず。だけど魅力的な店舗は多そう。

中山競馬場,グルメ,レストラン
中山競馬場,グルメ特集,レストランご案内

場内散歩その1スタンドとパドックで書いたように、中山競馬場のスタンドは「賭」と「食」がスパッと分けられています。


(馬券販売エリアと)区分して(一箇所にテナントを)詰め込んだ食のエリアは上の画像にあるとおり店舗数はかなり多く、そして密集しています。

中山競馬場,グルメ,twodays

それならば馬券売り場のエリアには全く食う所はないのかといったらそうではありません。


JRAの競馬場ではお馴染みのtwodaysは「賭」のエリアに満遍無く配置されているので馬券の勝負をしながら軽食とアルコールを楽しむことは可能です。

中山競馬場,グルメ特集,スタンド

またレストラン街では全く競馬っぽさは無いのかといったらそうではありません。


「食」のエリアでも画像のようにレストランの前に設けられた座席で予想に没頭する競馬ファンがいますので、食を楽しみながら競馬モードでいる事も可能です。

中山競馬場,グルメ特集,スタンドB1F

レストラン街も悪くないですが、レストランで食事をするとそれだけで満腹になってしまい、いろいろな食べ物にチャレンジする事ができなくなります。


なので色々な食べ物に挑戦したい方はスタンド地下1階にあるファストフードプラザをお勧めいたします。

中山競馬場,グルメ特集,吉野家,モスバーガー

東京競馬場の食事処はメモリアルスタンドとフジビュースタンドに分散していますが中山競馬場は1か所に集中しています。

中山競馬場,グルメ特集,オリエント,ミートスパゲッティ

ここらで実食レポートに移りたいと思います。

 

ファストフードプラザで売っている物は基本的にテイクアウトが前提なっているのが嬉しいです。自分の好きな場所で食べられますからね。

 

ということで、第1弾はオリエンタルのミートスパゲッティ。東京競馬場の人気店ドマーニの昔ながらのミートソースと食べ比べをしたく買ってみました。

 

値段はドマーニが550円なのに対してオリエンタルが450円。量が少ないので単純な比較はできませんが。

 

私は濃厚なミートソースが好みなのでドマーニを支持します。ですが、あっさりしたミートソースが好みの人はオリエンタルのスパゲッティはイケるかもしれません。

中山競馬場,グルメ特集,オリエンタル,やきそば

続いて同じくオリエンタルの食品ですが、こちらは焼きそばです。見れば分かりますね。値段は450円・・・、だったかな?

 

川崎競馬場のやきそばの味を知っていると、ちょっと食べるのが辛い気持ちになるかもしれません。

 

後から「はいからや福三」という焼きそば店が中山競馬場にあるのを知り、腹は減っていませんでしたがリベンジマッチを挑みました。

中山競馬場,グルメ特集,福三,やきそば

はいからや福三のやきそば。価格は失念。ダメだなあ最近忘れっぽくなって。

 

さて味ですが、オリエンタルのやきそばが自分を見失う味ならば、福三の焼きそばは我を取り戻せた味ですね。

 

そうそう、焼きそばってこういう味だよな、といった感じでした。

 

地方競馬場の焼きそばと比較するとアレかもしれませんが、JRAの焼きそばとしては完成度の高い、美味しい焼きそばでした。食べて失敗と思う事にはならないでしょう。

中山競馬場,グルメ特集,はいからや福三,ポテト

そして締めはフライドポテト。まだ食うんかいっ!


こちらは250円でそこそこのボリュームです。大きくざっくりカットしたポテトをケチャップの味で楽しみます。


満腹でもパクパク入ってしまう食べやすいポテトでした。

中山競馬場へ遠征したついでに押させたい千葉グルメ

中山競馬場はJRの駅でいうと東京駅と千葉駅の間にあります。首都圏以外から電車で遠征で来られた競馬ファンには何とも歯がゆい位置です。


最寄は総武本線か武蔵野線になるので東京ディズニーリゾートのある京葉線舞浜駅からは距離があります。なので皐月賞、有馬記念が終わった後にディズニーを楽しもうとするプランは現実的ではありません。


幕張メッセ、千葉マリンスタジアムのある海浜幕張駅も京葉線なので、そちらに寄るのも少し大変です。※幕張本郷駅は総武本線だが・・・。


旅打ちで中山競馬場まで来られる場合、東京23区の千代田区、中央区、台東区、墨田区、江東区あたりに宿を取り、メインレースが終わったらとっとと東京方面に戻り、東京で遊ぶのが王道ルートだと思います。


王道より少し逸れる、いやむしろ反対を進みたいというアクティヴな旅打ち党は県庁所在地のある千葉駅まで東へ進み、そこから房総の好きな所へ行ってみるプランが楽しいと思います。


リアル旅打ちプレイヤーは、江戸川、平和島、多摩川(以上競艇)、千葉、松戸(以上競輪)、船橋、川口(以上オートレース)あたりに足を伸ばすと思われますが、舟、チャリンコ、バイクは守備範囲を超えてしまうので、ここではご紹介できません。


ここからは中山競馬を楽しんだ後に千葉グルメを楽しもうとされている方に千葉の名産品を紹介していきたいと思います。

まずは駅弁というベタだけど旅情感たっぷりのアイテムをゲット

中山,グルメ,焼肉弁当,小倉優子

千葉駅では(あと木更津駅でも)沢山の種類の駅弁が販売されています。上の画像は少し時代を感じさせますが千葉県出身の(こりん星の可能性も)小倉優子さんにちなんだ焼肉弁当です。


肉系の弁当とハマグリ系の弁当が充実しています。事前調査は万葉軒ホームページ(外部サイトへ移動します)で確かめられます。


千葉駅に宿を取った人はいかがでしょうか。千葉競輪に行くよ、という方も。

千葉=落花生。安直な発想それに高めの価格。だけど納得のいく味。

千葉の落花生は高価です。ピーナッツが食いたきゃ輸入品でいいじゃないかと言われる方もいるでしょう。


ですが高い理由のわかる味を千葉の落花生は提供してくれます。特に千葉県八街(やちまた)産の落花生の評価が高いようです。


からっとしていて、風味と後味もバランスが良く、ポリポリ食べまくってもムカムカ来ないという、バランスの取れた落花生という印象です。


野球はイチロー、房総グルメはなめろう。

中山,グルメ,なめろう

※写真は海鮮丼です。


なめろうという食べ物があります。なめろうは房総半島沿岸部に伝わる料理で、アジ、サンマ、イワシ、トビウオのいずれかを味噌、日本酒で味を付け、薬味に青ネギ、シソ、ショウガを乗せ、粘り気が出るまで包丁で叩いて作ります。


房総半島沿岸部は中山競馬場からかけ離れた場所なので、ゆったりした旅行計画でないと行けない場所ですが、保存の利かない料理なので、ご当地グルメにふさわしい食べ物です。