トップページ > 新潟競馬場 > 場内散歩

場内散歩

入場門を入ってすぐの一帯です。常設のフードコートと期間限定と思われる露店が腹を空かした競馬ファンを歓迎してくれます。

訪れた時が夏だったのでとても暑苦しかった記憶が残っています。地元の名産品を売る臨時店舗からいらしゃいいらしゃいの景気の良い掛け声。何か美味い食べ物はないか物色する競馬ファン。活気があって賑わっている場所です。

新潟競馬場,パドック

新潟競馬場のパドックは正門からまっすぐ進むと現れます。

東京競馬場のパドックに比べてフラットですが多くの観客が立ち見できる場所は広く確保されています。また建物からもパドックを見ることができるように設計されています。

新潟県は豪雪地帯として知られていますが夏は見事に暑いです。日本海に近いからなのか湿度が高かった印象が強く残っています。

ですから来場時の衣服は高温多湿の環境に耐えられる服装が望ましいです。大袈裟でしょうか。

はっきりとした色使いをしているパドック周辺です。

建物も新しいし馬もキビキビ歩いていて地方競馬場のパドックとは全然違うなーと唸らされます。

新潟競馬場,パドック
新潟競馬場,パドック2

周回するジョッキーたちが間近で見られるので写真撮影党の競馬ファンに嬉しいパドックの造りですね。

東京競馬場の内馬場にあるようなキッズプレイスペースは新潟競馬場ではパドックを過ぎた所にあります。

コンパクトバギーカーが乗れる場所、ミストシャワーエリアで涼を取る場所、そして夏には水遊びで楽しめる場所があります。

馬券を買いに来たお父さん連中が馬券よりこちらのプレイスペースに夢中になってしまっても不思議ない充実ぶりです。

館内は空調が効いていて快適に過ごせます。

2011年東日本大震災の遭った年の首都圏は節電が求められていて、農林水産省と関係の深い日本中央競馬会は当然国家の手先として見本を示さなければならなかったのでしょう。

かくして真夏の東京競馬場はごく一部(冷気が感じられたのは関係者入り口付近からなのでおそらく馬主と従業員のいるエリア)のみ冷房がかかっていて、それ以外の場所は空調がオフにされました。

外気が吹き抜ける開放的な場所ならともかく、東京競馬場のフジビュースタンドは密閉性が高いので蒸し風呂状態になっていました。

そういう夏競馬を体験しているので、この日の新潟競馬場の館内はとても快適に感じられました。快適に競馬が楽しめる事はとても恵まれていて、そのような環境にいるのはとても幸せな事なのだと改めて認識し直しました。

 

新潟競馬場,馬券売り場

東京競馬場の馬券売り場に近い内装でした。

広々としていてマークシートを記入する時にストレスを溜めることはないでしょう。

新潟競馬場,ウィナーズサークル

再び屋外に出てまずは新潟競馬場のウィナーズサークルを。

広々としています。ウィナーズサークルでイベントをしている最中はここに人垣ができますので、クールガールやタレントがトークショーをしていても予め陣取りをしていないと何も見えません。

大井競馬場の賞典台は人が少ないのもあるのでしょうが、とても中の人との距離が近く感じられます。

新潟競馬場,外の芝生

直線前の観戦エリアです。

船橋競馬場は総人工芝。新潟競馬場は総天然芝。どちらが優れていてどちらが劣っているという話ではなく、競馬場ごとに個性があるのが良いですね。

写真にはレジャーシートを広げている競馬ファンが写っているので、ピクニック気分を味わえそうな印象を受けます。ですが実際は高温多湿の環境でクーラーの冷気が欲しくなる場所であります。

新潟競馬場,直線前の芝シート

空を見上げれば灰色。日本海側らしい空模様です。屋外観戦エリアを阪神競馬場のようなタイル張りにしてしまうと殺風景になりそう。鮮やかな芝生を敷き詰めるアイディアはさすがJRAから依頼をゲットするヤリ手設計者と言わざるを得ません。

ご覧のとおり新潟競馬場はどこでも楽しく競馬を楽しめるつくりになっています。

ただ個人的には暑さと湿気が堪えたので、夏場は熱中症には注意した方が良いと思います。特に東京から車をかっ飛ばして来た人は当日輸送のダメージがありますので。