トップページ > 盛岡競馬場 > 場内散歩 その3

場内散歩 その3

盛岡競馬場,場内散歩その3、トップ画像

盛岡競馬場には芝生の観戦エリアがあります。

シートを広げて持ってきた弁当を食べるもよし、ゴロゴロと寝転んでもよし。

盛岡の爽やかな風にあたりながらゆっくり流れる時間を楽しむ至福の時をお楽しみいただけます。

盛岡競馬場,芝生エリアその1

相変わらず青空が美しい盛岡競馬場です。

 

時は1レース発走1時間以上前。何の気なしにパトロールタワーを眺めていたら、塔の下に車が着き、塔に上っていく監視員を発見。監視員が監視塔に上るレアな場面を収めました。

盛岡競馬場,芝生エリアその2
盛岡競馬場,芝生エリアその3

結構高さのある塔に一人上り最終レースまでいるのでしょうか。

 

台風の日は落ち着かないでしょう。秋の深まる頃は最終レースが終わるころは寂しい気持ちになるでしょう。ですが素敵な職場ですね。

 

やはり上級公務員の天下り先なのでしょうか。公務員の無駄遣いを肯定するつもりはありませんが、上級公務員の人たちって国家のために結構頑張っていると思うんですよ。ですので、そういう日本のために頑張っている人たちに良い天下り先を用意してもいいのではと思います。

盛岡競馬場,芝生エリア

実は個人的にこの芝生エリアを大変気に入っていて、同じような構図の写真を何枚も撮りました。全て載せたい気持ちはありますが、似たような写真を大量に公開するのもアレかと思いましたので、ごく一部だけご紹介いたします。

 

実に素晴らしい芝生観戦エリア。草野球の観戦エリアのような芝生で、いわて競馬のガイドブックに書いてある通り寝転がっても快適な場所です。

盛岡競馬場,芝生エリアその5

そこそこの急斜面。寝転がって観戦できる傾斜になっているかもしれません。

 

阪神競馬場にも芝生に寝転がってレースを見る場所がありますが、あそこの芝生は傾斜が緩くて、少し体を起こさないとレースが見れない不便さがあります。その不便さを解消している角度かもしれません。

 

また、このきつい傾斜は子どもの遊び場にもなりそうです。

やってはいけませんが段ボールのソリで斜面を滑り降りたら間違いなく楽しいでしょう。ローリングしながら下へ転がっていくくらいなら許されるかもしれません。

盛岡競馬場,芝生エリア,その6

とんぼ、バッタ、蝶々といった虫たちものどかに戯れています。

大井競馬場の猫もここにきたら癒されるだろうなあと思いました。

盛岡競馬場,芝生エリアその7

東京の騒々しさを忘れられる盛岡競馬場の芝生エリアを4コーナー方向を向いて撮りました。どちらから撮っても開放感に溢れています。

 

盛岡競馬場の芝生エリアは整備されていて静か。その上一人あたりの占有面積が大きい。理想に近い癒し空間と思います。競馬はごちゃごちゃした場所で遊ぶものではありませんな。

盛岡競馬場,芝生エリアその8

芝生エリアの西側はスタンドです。人が写っていないから開業前の写真に見えます。


中に入って確かめるまでもなく立派なスタンドであることが分かります。地面の整備具合と言い日本中央競馬会(JRA)の競馬場と遜色有りません。

 

場内散歩その4ではこの立派な建物内部をご紹介してまいります。