トップページ > 船橋競馬場 > ハートビートナイター

ハートビートナイター

船橋競馬 ハートビートナイター 夜空 スタンド

船橋競馬場は2015年6月15日から冬季以外の開催日においてナイター競馬を催す事になりました。

 

このページでは船橋のハートビートナイターを紹介してまいりますが、生まれ変わった船橋競馬場のスタンドについても触れてまいります。

ハートビート(heart beat) ・・・ 心拍、動悸、心臓の鼓動


ハートビートナイターの愛称には、


①馬や騎手の鼓動が聞こえるような迫力あるレースを見せたい!


②観客のハートを打つような熱いレースを見てほしい!


③恋人・カップルにドキドキしてほしい!


という主催者側の意気込みなどが込められています。


スローガンは立派でも実際の行動やサービスと釣り合いが取れていない話は世の中に沢山転がっていて、船橋競馬のハートビートナイターは果たしてどうなのか気になるところです。


というわけで、ハートビートナイターの現場である船橋競馬場に日も暮れぬうちから行ってまいりました。

ハートビートナイター お笑いライブステージ

この日は重賞開催日で、数々のイベントが行われました。

 

まずはお笑いライブステージを。

 

大井のトゥインクルナイターでも2014年度の重賞開催日に「おーい笑タイム」という関東の若手コメディアンのステージを開いていました。

 

残念ながら大井のお笑いステージは、競馬アイドルの予想大会にコメディアンが参加する形に変わり、事実上消滅してしまいました。

 

人を笑わせてハッピーにさせようとする習慣の無い関東地方において、コメディアンのステージは貴重な存在です。

 

船橋競馬場には、このイベントをハートビートナイターの名物企画に育て上げてほしいものです。

船橋競馬場 キャプテン渡辺 予想

こちらは船橋競馬のイメージキャラクターに選ばれたキャプテン渡辺さんによる予想トークショーです。

 

私が訪れた日の予想トークショーでは「競馬あるある」を披露してくれ、

 

「馬券はまだ当たっていないのに嬉しい時。(以下自主規制)」

 

といったネタで笑わせてくれました。

 

キャプテン渡辺さんは、テレビでは窮屈そうにしていますが、この予想トークショーではキャプテンさんの本来の良さが出ていて、テレビより数段面白かったです。


ライブならではの良さですね。


なお、お笑いライブステージと予想トークショーはレースの後半において交互に行われるので、夕方以降になるとこの周辺は常に賑わっています。

ハートビートナイター 予想トークショー 小堺翔太 荘司典子 秋田奈津子

日によって異なりますが、特別戦の予想になると小堺翔太さん、荘司典子さん、秋田奈津子さんら競馬ファンお馴染みのタレントも加わり豪華な予想大会となります。

 

このようにイベントが断続的に続き、その場所に熱気が充満し、やがて周辺にその熱が伝播していく様はハートビートナイターにしかない個性です。

 

大井競馬場と川崎競馬場でもイベントはやっていますが、それぞれ敷地が広過ぎたり内馬場とスタンド前が離れていたりして熱気が分散してしまいます。

 

ナイター競馬なんて珍しくないよと思われているベテラン競馬ファンの方も、このハートビートナイターの雰囲気は独特のものだと感じるのではないでしょうか。

ハートビートナイター 中庭

中庭です。

 

運が良ければ、楽しいトークステージをベンチに腰掛けながら楽しめます。

 

予想トークショーを聞いて買い目を絞り、よし決めたと腰を上げてアタリーナで馬券を買ってスタンドへ向かう。

 

馬券好きにとってこの回遊は何周しても飽きないでしょう。

ハートビートナイター パドック

パドック党は馬券を買う前の下見に余念がない。


美しくリフォームされたトラックがカクテル光線を浴びて鮮やかさを増しています。

船橋競馬場 パドック

美しいトラックの上を眠たそうな馬が規則的に周回し、それをファンが真剣に見つめる様子。


ファンと馬のテンションが噛み合っていない、いかにもナイター競馬らしい光景。

ハートビートナイター アタリーナ

パドック方向にスラッと伸びたアタリーナの大ウイングは照明に照らされて神秘的な白い翼に変身しました。

船橋競馬 ハートビートナイター アタリーナ前

ナイターが開幕するまで、古い建物の中でアタリーナは浮いた存在になっていたように思います。

 

ですが、ナイターになると夜空が余計な景色を塗りつぶしてくれるので、昼とは一転して、アタリーナが船橋競馬場の中心に変わってしまいます。

 

美しいパドック、それに賑やかな予想ステージとお笑いイベント、さらにアタリーナ前には特設グルメ屋台が登場と、船橋競馬場の1つ1つの施設が噛み合ってきました。

 

とてもいい感じです。

船橋競馬場 屋台

グルメ屋台は不定期出店です。

 

訪問時に食べた料理については船橋競馬場グルメ特集後編にコツコツと載せていきます。まだ殆ど情報はありません・・・。

船橋競馬 スタンド

スタンドも新しくなりました。


秋の深まる10月下旬以降は屋内での観戦が主となりそうです。


ご覧のようにガラス張りのスタンドになっているので、ばっちりレースの行方を確かめられます。

船橋競馬場 馬券売り場

あれ?ここ大井??

 

ではありません。リニューアルした船橋の馬券売り場です。

 

役場のような船橋競馬場のスタンドがイマドキの床と天井になりました。

船橋競馬場 新スタンド

場内散歩その2に紹介している、経営難の印象を与えるボロッボロのスタンドと同じ建物とはとても思えません。ふわー。


こりゃ鳩も糞をするのを遠慮するわ。

船橋競馬 屋外 スタンド

全てが新しくなってしまったわけではありません。

 

屋外にある伝統的な観戦スタンドは健在です。

 

夜風が心地よい秋の入り口の季節には、この辺りに陣取って競馬を楽しむと良さそうです。

 

馬を見るも良し。天を仰ぎ夜空を見るも良し。馬券で痛い目に遭い、自分を見つめなおすことなおをかし。

 

見所満載のハートビートナイターは、これまでの昼の船橋競馬とは個性が全く違います。新生船橋競馬と言って良いと思います。

 

正直言って楽しい場所に生まれ変わりました。何時間居ても飽きません。

 

卑近な例ですが、万年最下位だった阪神タイガースが、大金を使って補強して優勝を狙えるチームに変貌を遂げた様と似ています。

 

今後どう進化していくのか気になりますし、期待してしまいます。

 

※このページから読み始めた方は下のリンクにある場内散歩その1~3を見ていただくとこれまでの船橋競馬場の苦戦ぶりが分かると思います。

レースコース概要


船橋競馬場で行われる重賞競走等を簡単にまとめています。

ハートビートナイター


2015年6月15日から開幕した船橋競馬場のナイター競馬と新しくなったスタンドを紹介しています。

船橋競馬場グルメ特集 前編


東西商会、田久保など船橋競馬場の常設店舗の料理・グルメを紹介しています。

船橋競馬場グルメ特集 後編


ハートビートナイター開幕後に始まったエフケイバグルメ祭で食べた料理、かつて船橋競馬場に存在したお店の紹介をしています。

場内散歩その1


船橋競馬場の入り口からアタリーナ付近までを紹介しています。

場内散歩その2


船橋競馬場の旧スタンドを紹介しています。生まれ変わった船橋競馬場と同じ建物とは思えない苦しそうな様子を御覧いただけます。

場内散歩その3


船橋競馬場の旧パドックと屋外観戦エリアを紹介しています。

船橋ゆるきゃら


かつて船橋競馬場に集った千葉県と船橋のゆるきゃらを紹介しています。